看護婦さんのキスで

閲覧数:46 ビュー 文字数:1545 いいね数:0 0件

中学の時、風邪をこじらせてそのまま肺炎になって10日ほど入院した。

そこにいた看護婦さんで、美人じゃないけど性格が明るくて優しい人気者の女性がいた。

俺にも明るく話しかけてくれて、すぐに俺は看護婦さんを好きになったんだ。

退院する前日の夜、その看護婦さんは見回りに来た。

俺はベッドに腰掛けていた。

「ど~したの?○○君、元気ないね?明日退院だよ」

「・・・・あの・・・・す、好きです。」

俺は蚊の鳴くような声で、生まれて初めての告白をした。

軽蔑されたり、怒られたりするかと心配してたけど、その看護婦さんは今日は夜勤で明日の退院の時はいない。

だから勇気を振り絞って告白したんだ。

看護婦さんは怒るどころか、すごい笑顔になって、

「え~!?ありがとーっ」

そう言って俺をぎゅーっって抱きしめてくれた。

胸の感触とか、サラサラの髪の感触とか、中学生の俺には充分過ぎるほど刺激が強かった。

そこでもう1度

「好きです。」

と隣に聞こえない様に小声で言った。

(カーテンは閉めていた)

「ありがとう。うれしい~。でも○○君まだ中学生だからね。もう少し大人になったらまた言ってよ。でも、その頃はもうおばさんになってるかな?(笑)」

「・・・待てません。」

そう言うとまた、ぎゅーっと抱きしめられて、ほっぺたに

「ちゅっ」

とキスされた。

「これでいい?」

俺は無言で首を横に振った。

すると、今度は

「ちゅっ」

と口にキスされた。

俺は内心パニックになりながらも、また首を横に振った。

看護婦さんは

「もぉ~」

と困ったような笑顔で

「ちゅっ、ちゅ」

と2回続けてキスをしてくれた。

その瞬間、俺は看護婦さんにしがみ付きながら、ガクガク震えながら射精してしまったんだ。

自分でも抑えられなかった。

勃起はしていたが、いきなり興奮が込み上げてきて射精してしまったんだ。

それに気付いた看護婦さんは

「え?・・・えっ?え?・・・・・出た?出しちゃった?」

「・・・・。」

「えーっ!!ごめんね、ごめんね・・・どうしよ、どうしよ・・・・出たの?ほんとに出ちゃったの?」

俺は無言でうなずいた。

「ちょ、ちょっとごめんね」

看護婦さんはガーゼを取り出し、俺のパンツの中に手を入れて拭った。

ガーゼに付いた精液を見て、少しパニックになっていた。

それを見て俺も罪悪感が出てきて

「・・・・ごめんなさい。」

「いいよ、いいよ。○○君は全然悪くないんだからね」

混乱している看護婦さんは、ぐいぐいとパンツの中を拭っている。

まだ勃起しているのに・・・・・。

また快感が込み上げてきて、

「・・・・あ、また・・・ヤバいです」

「え?」

その瞬間、ぴゅっとパンツの中から精液が飛んで来た。

看護婦さんはとっさにガーゼでチンポを押さえた。

どぴゅ、どぴゅ・・・・どぴゅ

脈打つチンポを看護婦さんは押さえながら、

「・・・・おさまった?全部出た?」

「・・・うん。」

パンツには、すごく濃い精液がどろりと付いていて、全部綺麗に拭ってくれた。

「ごめんね。私があんな事したから・・・・本当にごめんね。」

そう言って頭を下げ、看護婦さんは部屋を出て行った。

もう、そのまま顔を合わす事無く俺は退院した。

それ以来、俺はナース手コキフェチだ。ww