同僚の女の子の前で…

閲覧数:26 ビュー 文字数:1824 いいね数:0 0件

忘年会で調子に乗って飲みまくった時の事。

散々飲んでべろんべろんになってた。

忘年会も終わりに近づいた時、店員の人がお土産と言ってウイスキーを持ってきた。

半分ラリってた俺は

「イッキ行きま~す!」

とそのままラッパ飲み。

半分くらいまで飲んだ。

でも、そこから進まない。

なんだか世界が回って座り込んだ。

すると体が動かないw

意識もあるし目も見えるし耳も聞こえる。

でも、身体は全然動かなかった。

変に思った同僚が

「大丈夫か~?」

と背中を叩いた。

すると、ドスン。

体が動かないから当然倒れた。

しかも、

「しっかりしろよ~!」

と言いつつ蹴りまで入れやがる。

そして意識はブラックアウト…。

その後は、覚えてないけど救急車に乗せられたらしい。

で、次に目を覚ましたのが病院のベットだった。

もの凄く気分が悪いけど何とか回りを見ると、手に点滴のチューブが・・・。

横で見ていた同僚の女の子と、社長が心配そうに見てた。

後で聞いたけど、他の奴らは

「大丈夫だろ?」

って2次会に言ったらしい(酷いw)

で、目を覚ました俺を見てなんか言ってた。

グニャグニャして覚えてないけどw

気が付いた俺に看護婦さんが(20代半ば位かな?)

「大丈夫ですか?聞こえますか?」

って言ってるので取り合えず頷いた。

そうこうしてる内にだんだん意識がしっかりしてくる。

そこでアレっと気付いた。

…俺、真っ裸だ。

えぇ?

っと混乱したけど勿論分からない。

しかも、なんでかオシメだけ履いてるし・・・w

すると看護婦さんが

「ごめんなさいね。汚れてたんで服は脱がせました」

との事。

オシメはアル中で筋肉が弛緩すると漏らす人が居るかららしい。

それを想像して耳まで赤くなったw(飲んだら青くなる体質なんで)

そして、ふと気が付くと尿意が・・・。

散々飲んでたからオシッコがしたくなったのですw

点滴も外されてるし、起きようとするけど全然力が入らない。

やべーと思いつつ頑張るが無駄でしたw

それに気付いた看護婦さん。

「おトイレですか?まだ体が動かないと思いますから少し待ってくださいね」

そう言って何か持ってくる。

そう、俗に言う尿瓶。

「じゃあこれに出しましょうね~」

だって。

真面目に焦ったけどどうしようもなかった。

漏れそうだし、身体は言う事聞かないし。

すると、バサっとシーツ?を捲る看護婦さん。

「じゃあオシメ取りますね」

そう言うと、バリバリ剥がしだす。

社長はともかく、同僚の女の子も居るのに~!

焦るけど言葉が出なかった。

すると、ポロリとちんちんが・・・。

ちなみに仮性包茎の小さめ。

超最悪。

同僚の女の子は俺と目が合うと顔を背けた。

遅いんですけど・・・。

するとモニュっと摘ままれる感覚。

「じゃあ出してくださいね」

と、看護婦さんが言う。

俺は恥ずかしくてあわあわしてた。

緊張してなかなか出ないし。

でも、結局膀胱破裂しそうだし早く済まそうと集中。

ジョロ・・・。

緊張しつつも出し始めた。

すると、溜まってたオシッコが出る出る。

ジョボジョボジョボ・・・。

部屋は妙にシンとしてるし、俺のオシッコの音だけ。

しかも看護婦さん見てるし、同僚の女の子も居るし。

なかなか出終わらないし・・・。

あんな恥ずかしかったのは久しぶりだったよ。

で、出終わったらオチンチンの先を布?かなにかでチョンチョン。

なんか赤ちゃん見たいで恥ずかしかった。

で、最後にオシメを取ってパンツ履かされました。

その後、気まずかったなぁ。

以上が俺の体験でした。

余談だけど、点滴三本で死ぬんだって。

おれは三本目の残り1センチくらいでした(怖)

まあ、お陰で酒飲まなくなったけどね。

あと、看護婦さんってパンツ履かすの上手いねw