シャワールームで看護婦さんに

閲覧数:23 ビュー 文字数:753 いいね数:0 0件

中学の時にチャリで事故って、1ヶ月半入院してた。

手首と足を骨折して最悪だった。

片親だし、お世話はほとんど看護婦さんまかせ。

トイレの大も小も・・・・。

だから週1のシャワーの時も恥ずかしさは麻痺していた。

でも入院生活も落ち着き慣れてくると性欲の方が溜まってくる。

もちろんオナニーなんて、できやしない。

それでシャワーの時、股間にシャワーかけられてビンビンに勃起してしまった。

腹に張り付くくらいビンビンに・・・・

包帯してるから隠すこともできない。

看護婦さんも笑っていたので俺も笑って誤魔化していた。

すると看護婦さんが、股間にシャワー当てながら

「なんか苦しそう・・・・出しとく?」

「え?・・・・・ここで?」

「病室じゃ無理でしょ?」

「でも怪我してるし、できないから・・・・」

「大丈夫。手伝うよ」

看護婦さんは俺の背後から手を回し、ペニスを軽く握るとシュ、シュ、シュと上下にシゴいてくれた。

「やめて」

と言おうとしたが、快感には勝てず、そのまま身を任せた。

1分もしない内に出そうになり、

「あっ・・・・・出そうっ」

「いいよ、このまま・・・・」

「くううっ!」

どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅ

すごい勢いで浴槽の方まで飛び散った

看護婦さんはそれを全部シャワーで流した。

「・・・・あ、あの・・・ありがとうございます」

「いいよ、怪我してるし不便だもんね。でも、みんなには内緒ね、怒られちゃうから・・・」

その後、その人がシャワーしてくれる事はなかった。

嫌われたのかと、真剣に悩んでいた純粋だった俺・・・・