隣の病室の女の子

閲覧数:720 ビュー 文字数:1050 いいね数:0 0件

事故して入院して2週間が過ぎたとき隣の病室の女の子と仲良くなった。

当時、俺22歳、女20歳

彼女はアレルギー性何たらって病気で年に何回か1週間入院して点滴をするためだけの入院している。

俺が入院して10日目からシャワー使用が許可されました。

一日おきにナースに頼むと手の空いたナースが洗ってくれました。

ギブスをしていたので体はベッドで拭くだけでした。

彼女が退院する前日にシャワーを頼もうとしたらその日は人手が足りなくてシャワーが使えませんでした。

それを見ていた彼女が、

「私がやってあげようか?」

と言ってくれたので、ナースに許可を取り彼女と二人でシャワー室に行きました。

俺が頭を洗うだけなのに何故か彼女が俺の見ている前で下着姿に。

お湯がかかってイイようにその上からバスタオルを巻きました。

俺は少し興奮して勃起していました。

いつもナースが頭を洗うように介護ベッドに横になりました。

顔に少し大きめのオッパイが当たります。

フル勃起状態になってしまいました。

彼女「大きくなってるよ。ニヤニヤ」

オレ「オッパイが当たってるし、そんな姿だし。」

彼女「看護婦さんも当たるでしょ?」

オレ「ナースはオッパイ当たらないように洗うよ。」

彼女「つまんないね。楽しんでってww」

オレ「楽しむついでに触らせてww」

彼女「髪の毛洗い終わったらねww」

シャワーが終わると巻いていたバスタオルを外しました。

彼女「はい。頭拭くよ。」

今度は背中にオッパイが。

拭き終わった頃を見計らい振り向き、不意にオッパイを揉んでやりました。

彼女「ちょっと~私も髪の毛洗いたいんだけど」

オレ「楽しんでからねw」

彼女「何をどこまで楽しむの?w」

興奮が止まらない俺は彼女の下着を取り、オッパイにしゃぶりつきました。

そこへナースが来て、

「あっ、ごめんなさい。」

と言って出て行きました。

オレも彼女も一瞬で冷めてしまいましたとさ。

翌日、退院する彼女がデートしようと誘ってくれたので、早速外出許可をもらって彼女の運転でドライブ。

彼女「ゆっくり温泉でも行きたいね。」

オレ「すぐそこにあるじゃん」

ラブホテルの看板の下に天然温泉。

入って病院に帰る時間までHしました。