浣腸してくれたナースからのとある告白

閲覧数:117 ビュー 文字数:694 いいね数:0 0件

足を骨折して入院してた時のこと。

便秘して看護婦さんに浣腸されました。

でも、その看護婦さん変だったんですよね。

なんというか興奮してるというか。

で、その後もう一度、その看護婦さんに浣腸された。

最初はS?とか思ったんだけど、なんとなくMという確信を持った。

で、

「浣腸してあげようか?」

と言うとさせてくれるかもという妄想を一人で楽しんでた。

そしたらある夜、見回りに来たその看護婦さんがぼそっと

「今、XX号室の○○さんに浣腸されてきた。」

って言うんだよ。

「え?」

って感じだった。

俺のところ二人部屋なんだけど、俺一人が使ってた。

そしたら、その○○っていうやつがオマル持って入ってくるんだよ。

そして奥側の空のベッドの方に二人で行って。

物凄い音が聞こえて、やがて臭いがしてきた。

ちょっと唖然とした。

やがてカーテンが開いて、その○○がこっちを振り向きもせず出て行った。

少ししてオマルもって、看護婦さんが出てきた。

「びっくりした?」

って聞くから、うんと答えた。

少し間があって、俺も看護婦さんに浣腸してみたいんだけどって言った。

そしたらビックリしたような顔して、△△さんはMだと思ってたって言うんだよ。

で、もう私には△△さんは私と同じMの人というイメージがあるから駄目って言うんだよ。

そして、

「もう少し前に言ってくれたら、浣腸して貰ってたかも」

とも。

なんか、ちょっと悔しかった。