常盤貴子似の看護婦に

閲覧数:116 ビュー 文字数:743 いいね数:0 0件

俺が高校でやんちゃ盛りのとき、バイクでコケて腕を骨折して1週間ワイヤーで腕を吊るされて、ひとり集中治療室のベッドに固定されて動けなかったときの話。

大きな病院だったから看護婦も沢山いたんだけど、その中にひとり30歳くらいの常盤貴子似の人がいたんだ。

忘れもしない、入院5日目の午前中に常盤貴子ともうひとり後輩の看護婦が部屋に入ってきて、

「体を拭きましょうね」

と言って、お湯に浸したタオルで最初は手足を、次に胸や背中を拭いてもらった。

当時高校生。

もちろん童貞の俺はこれだけで痛いくらいに勃起した。

それを見つけた常盤貴子が

「あれ、大きくなっちゃった?」

っていたずらっぽく微笑むとタオルでそっと玉袋の裏をなで始めた。

「あっ!」

って声が出たねw。

常盤貴子は黙って、段々と袋から、さおのほうにタオルを持ってくると、あったかいタオルでさおを優しく包んでこすり始めてきたんだ。

この常盤貴子がまたうまいんだ。

強弱をつけてさおをもみもみしたり、強く握って上下に動かしたかと思うと今度は亀頭をやさしくなでなでしはじめる。

自分でしか触ったことのないところを美人が触っていると思うと、タオル越しでもそれだけでもう気持ちよかった。

横を見ると、後輩看護婦が常盤貴子の後ろで目を潤ませながら俺のちんぽを凝視しているし、なんというか異様な空間でこすり始めて3分くらいで勢いよくタオルに放出したね。

「溜まってたネーw」

って笑いながら、その後は何事もなかったように後片付けをして部屋を出て行った。

その後その常盤貴子と進展はなかったんだけど、あの体験は一生忘れないと思う。