採血のときに…

閲覧数:145 ビュー 文字数:1068 いいね数:0 0件

採血の時です。

週1回あるんですが、そこそこ時間かかるし何と言ってもふたりきり。

先日お世話になった看護師なら話は早いのですが誰が来るのかわかりません。

当日来たのは違う人でした。

私は血管が細いのでみんな苦労します。

採血中に

「お願いがあるんですけど…」

「なんですか?」

「やらせて下さい」

「はぁ?」

そこまで言えば事態が呑み込めたようです。

ハードルは最初高く、ダメならだんだん下げて行きます。

「まさか、そんなこと出来ませんよ…」

思わず笑いそうになりましたが、

「じゃぁ、口でもいいから…」

看護師は顔が真っ赤。

「じゃぁ、手でもいいから…」

看護師涙目。

採血が終わり速攻で掛け布団はぐると既に準備オケー!

時間掛けられないんで数分で終了しました。

1、2回目の看護師とはいつも会っていますが何か態度がおかしい。

まあ、いいやと思いつつ3回目の採血の日が来ました。

何と1回目の人!

「○○さん、次からは自分で…って言ったでしょ~♪」

もう知れ渡ってるらしい。

「でも、気持ちいいからその為に我慢してるんです…」

と言うと、

「溜まりすぎると犯罪しちゃうんじゃない?」

って言うから、

「犯罪ってどんなの?」

と聞くと答えてくれません。

血管に刺しながら

「彼女とかいないの?」

「すいませんね~いないよ」

「女の子お見舞いに来てるのに?」

「あれは眼中なし」

「え~!なんでぇ~♪」

話しながら刺してると余計上手く行かないらしく

「いっ、痛い」

と言うと、

「あっ!すいません」

と言い位置変えて再挿入。

「痺れとか有りませんか?」

「う~ん、別の所が…」

「どこ?」

「このあいだの所」

3本採る間に

「お願いします、お願いします」

と頼み込むと

「またぁ~?♪」

「今度はチュッってお願い」

「なぁ~にいってんのよぉ~♪」

看護師と患者の会話では有りません。

針抜いた後でガバ!

「お願いします」

「う~ん、もおぉ~♪」

ティッシュ片手にやってくれてしかも先端にチューチロ。

脳みそ爆発、下半身爆発!

どんな顔してナースステーションに戻ったのか後で心配になりました。