清楚系看護婦が

閲覧数:265 ビュー 文字数:5617 いいね数:0 0件

大学生時代に急な下り坂をチャリでノンブレーキで降りていって、ギリギリのところで急ブレーキかけたら後ろのブレーキのワイヤーが切れた。

焦って前ブレーキを急に握ったら、坂で前ブレーキを急に握っちゃいかんね。

後輪がグイン!って感じで上がって見事一回転。

俺の体は宙に浮き、目の前のブロック塀に激突した。

とっさに塀をよけようと思って両手を突っ張ったらポッキリ折れてしまった。

骨が。

それも両腕。

両腕折ると辛ぇぞ~。

何が辛いってオナニーができない・・・。

いや、ちがうちがうそれも確かに辛かったが、糞尿するときどうする?

っていう・・・。

特に糞してケツ拭くときどうする?

っていう・・。

ありゃ辛かったね。

まだ30~40代だったらともかく、あれはまだ俺19だったはずだから。

一応ナースさんがそういう事とかもしてくれるらしいんだけど無理。

とくにウンコは無理だったね。

屈辱的で耐えられず。

お袋に泣いて頼んださ。

あ~お袋に拭いてもらうのだってかなり屈辱的だったけどね。

で、最初は相部屋だったんだけど、あれもキツイなぁ、一応用を足す時とか体拭く時はカーテンで区切れるようになってるんだけどね。

ウンコとかブリブリとか音でるじゃん?

時にはプ~とか音がでたり。

俺はバイトで絶対返すからと親に頼んで個室にしてもらった。

しばらく母親が面倒見てくれてたんだけどね。

まぁお袋だって親父や妹の世話とかもしなきゃいけないし、そうそう家を留守にできないって事は俺自身も良くわかってた。

お袋は気にするなって言ってくれてたけどね。

で、だんだん骨もくっつきかけてきてるって主治医が言うから

「手のひらから手首の所までどうにかなりませんか?」

って聞いたわけ。

ガチガチに固めてある石膏落とせないかと。

最初は先生渋ってたけど最終的には根負けして一応手だけは自由にしてくれるようになった。

これで何とか親に面倒かけないで済む。

ウンコはビデで思いっきり流してからチンポをつまんで前から添えるように拭いた。

ゴシゴシはさすがに拭けないから自由が利かなくて。

ちょうどその頃はかったように親父の身内に不幸があった。

親父は東北だし亡くなったのが近い身内だったから勿論日帰りっていうわけにもいかなくて、その間は看護婦さんに面倒みてもらうように頼んで両親は東北に行ってしまった。

でもまぁ一応糞尿だけは自分でできるようになってたんで俺としても一安心というか、何の危惧もしてなかった。

で、看護婦さんに頼んでたのが、

「一応毎日じゃなくてもいいから身体だけ拭いてやってくれないか」

って頼んで行ったらしいのだ。

俺風呂入れなかったし。

それで看護婦さんが、

「○時に身体拭きに来ますけどいいですか?」

って言ってきたんで、

「はい」

と勿論こたえた。

べつにいやらしい気持ちとかも全然なかったし。

(あ~お袋頼んでくれたんだなぁ)

と思ってた記憶がある。

それで決められてた時間に看護婦さんが身体拭きにやって来たわけ。

「こんにちは~じゃぁ身体拭いちゃいますね~」

とか言ってんの。

それが婦長さんも何で気を利かさないのか、いや逆に気を利かしてくれたのかもしれんけど超美人なのよ。

鶴田真由的な清楚系というか。

要するにHの匂いがあんまりしない系の美人だった。

俺はと言えばむこう何週間も抜いてない状態。

正直お袋に拭いてもらうだけでも立ちそうになるぐらいの末期的症状にチンポが陥ってる状態だったからこれは正直嬉しいというより

(やばい!)

って気持ちのほうが強かった。

どうやって勃起させないで事なきをを得るか?

必死に思考めぐらす俺。

上のパジャマを脱がして濡れタオルで拭き拭きしてくれるんだけど。

欲情と反比例してイヤ~な汗がだらだら流れてくるのが自分でもわかる。

「暑いですか?窓開けますか?」

と看護婦さん勘違いして聞いてくるし。

(犬の肛門・・・犬の肛門・・・)

お経のように心中で唱える俺。

だがこういうときっていうのは犬の肛門ですら魅力的に感じてきちゃうんだから不思議だね。

全然利かないの。

まず腕を拭いて・・・

てそれから胸のあたり・・・

で、腹筋のあたりまでくると、こりゃもう・・

(無理っす!絶対に無理っす!)

って感じでチンポがモリモリと高まってるのはもう抑えようがないわけ。

一応掛け布団に隠れてるんで高まってるのが分からないんだけど、その布団に看護婦さんが手をかけたとき

「ちょ、ちょっと待った!タイム!」

と言ってしまった、思わず。

看護婦さん怪訝そうな顔して

「ハァ?」

と言って俺を見てる・・・。

「あ、あの・・・他の人にしてくれませんか?」

と俺。

なんて言って説明していいか分からない。

超焦った。

「私だと何か問題ありますか?何か不備があればおっしゃっていただければ・・」

と看護婦さんちょっと困った顔をしている。

「あの男の・・看護士さんとか、婦長(高齢)さんとかじゃ駄目っすか?」

と俺。

これでも遠まわしに分かるように説明したつもり。

「理由を言っていただけないと困ります。一応私が担当ですから」

と毅然とした態度で答える看護婦さんだった。

仕事ができそうな感じだったからプライドが傷ついたのかもしれん。

でも鈍かった。

「普通若い男にそう言われたら分かるよな?」

「どーする?こりゃ具体的に説明しないと分かりそうにないぞ?」

「う~ん・・・しょうがない・・・言うか?」

決断する俺。

「あの・・・ちょっと・・・」

と言って近くに来るようにうながす俺。

「はぁ・・」

と言って看護婦さんが俺の近くまで顔を近づけてきた。

本当に美人だった。

ありゃモテんだろうな、きっと医者と結婚するな絶対。

「変質者的な目で見ないでくださいね?」

と念を押す俺。

「あ、あの・・・何のことですか?いったい・・」

ちょっと怯えた表情になる彼女。

「お、大きくなっちゃんですよどうしても。お見苦しい物をお見せしちゃいそうなので慣れてる高齢の方か男性でお願いします。すいません・・・」

と謝る俺。

言いながら股間の辺りに目をやり何の事だか示唆して見せた。

さすがにここまで言えば鈍い彼女でも分かるだろう。

「な~んだ・・・もぅ驚かさないでくださいよ~。そんな事・・・」

「普通ですよ・・いくらでもある事ですから。気になさらないでください。」

「あ~何言われるのかと思ってドキドキしちゃったじゃないですか、もう・・」

と言って笑ってんの。

「ふ、普通にあるんですか?」

と予想した反応と違うので目を丸くして聞く俺だった。

「ありますよ~あります。正常な若い男性の方なら普通にあります。仕事ですから気になさらないでください」

と言って、さっさと掛け布団を外し、下のパジャマも脱がしにかかる看護婦さん。

ギンギンに漲った高まってるのがトランクスの上からでも分かる。

俺は恥ずかしいので目を瞑って、されるがままに従う事にしたわけ。

しかし・・・。

だんだんと彼女の手が南下していき・・。

その部分や脚の付け根の辺りを拭きにかかると、俺の馬鹿息子が急にビクン!ビクン!と射精の前兆を示す痙攣を始めたのだ。

「た、た、タイム!看護婦さんタイム!」

と上ずった声を出す俺。

「今度は何なんですか~いったい・・・」

と半ば呆れ顔で俺を見る彼女。

面倒な患者さんねまったく・・・って顔してる。

「すいません、や、やっぱり・・・やばいです・・ごめんなさいっ。やっぱり違う人にして・・・」

と頭を下げる俺。

彼女俺の高まりの方をしげしげと見ている。

概ね何の事を言ってるのかは察しがつくだろう。

「出ちゃいそうなんですか?」

とあっけらかんとした顔をしている。

「は、はい今にも・・・・・面目ない・・・」

うな垂れる俺・・・。

「大変ですねぇ・・・男の人って・・・」

と腰に手をあて呆れて言う彼女。

「両手利かないんで・・・その・・・制御不能状態なんです・・いつもはこんな事はないんですけど・・」

と俺。

「お辛いんでしょうから、出してもらっちゃってもかまいませんよ」

と彼女。

あくまで毅然としている。

「このまま出すとパンツの中がえらい事になるんで、人代えてもらってもらえませんか?若い女性だとどうしても出ちゃうと思うんですよ。ごめんなさい」

と俺。

この期に及んで隠してもしょうがないから本音を言った。

「人は代えません。私が担当なんですから。出して良いと私が言ってるんですから気にしないで出してください」

と彼女。

ちょっとムっとしてんの。

やっぱり仕事ができる分だけ他の人に頼むのはプライドが許さないんだろうな。

枕元に置いてあるティッシュをバスバス!と2~3枚とると俺のチンポにあてがった。

嘘だろ~?ナースってこんな事するのか?マジ驚いた。

「じゃ、しごいてもらえますか?早く出しちゃうんで・・・」

もう体裁つくろうの面倒くせぇや。

本人が代わらないって言い張るんだからしょうがない。

「そ、そこまではしませんよ何言ってるんですか?」

と彼女。

怒ってんの。

「中途半端だな~看護婦さん・・・患者苦しめて楽しいの?」

こっちも面倒くさいから居直ってやった。

「ちゅうとっ・・て・・・そんな・・」

彼女反撃食らって面食らってるようだ。

綺麗だし仕事できるしきっと褒められたことしかないんだろう。

明らかに自尊心が傷ついたって顔してたもん。

「俺は射精しそうになるのが苦しいから代わってって言ってるんだよ?出してって頼んでるわけじゃないよ?」

と俺。

「だって出してくれって言ったじゃないですか・・・」

と半ば弱気になった彼女が言った。

「違う違う、それは看護婦さんが代わってくれないって言うからだよ」

と俺。

「何で私じゃ駄目なんですかっ」

と彼女またちょっと怒ってるみたい。

タンタンタンと外の廊下を歩く足音がけっこうする。

病院だけに人の往来が多いらしく、その度にビクビク外の気配に気にしてた記憶がある。

「看護婦さんみたいに綺麗な人にされると蛇の生殺しみていで苦しいんだよ本当に。いっそ出してくれるんなら良いけどっていう意味でいったの強要じゃないよ」

と俺。

「うぅぅ・・・じゃ・・どうすれば・・・いいんですか?」

と彼女。

複雑そう。

「だから代わってよ悪いけど」

と俺。

「そうじゃなくて・・・出しますから・・指ですれば良いんですか?」

と彼女。

「はぁ?」

あまりの答えに度肝を抜かれた俺は聞き返してしまった。

そんな答えは予想だにしなかったマジ。

っていうか全然そういう雰囲気の子じゃないし。

「こ、こう・・ですか?」

と彼女。

先端にティッシュをあてがい砲身をサスサスとシゴイてんの・・・。

マジかよ!マジかよ!マジかよ~!!!

「うわわ!看護婦さ・・あぁうぅぅ・・・あっ!そこそこ・・・うぅ・・・」

驚きと興奮で適切な言葉がでてこない。

ただ悶えるしかなかった。

「ど、どうですか?出そうですか?気持ちいいですか?」

と矢継ぎ早に聞いてくる彼女。

(うっさいな~もう)

と思った。

「で!でる!でる!出るよ!看護婦さんっ」

と言って仰け反る俺。

溜まってた分だけ速射できそうだ。

「は、はい!はい!出してください!いいですよ!」

と彼女。

言いながらシコシコと指の勢いを早めていく・・・。

「あっあっ・・・いく・・出る・・出た!出た!・・」

と俺は叫ぶとドクドクドクと彼女があてがうティッシュの中に射精していった。

溜まりに溜まっていたから2~3枚のティッシュじゃ足りず俺の砲身を伝って精液が根元にボトボトこぼれてしまった。

「あっあ~!あ・・・」

と彼女。

あわててティッシュを取り出し拭き取っている。

「ふぅ~!」

と言ってグッタリとベッドに横たわる俺。

「あ~凄いすっきりした・・・有難う看護婦さん」

と俺は心底礼を言った。

「いえ、仕事ですから」

と彼女。

元の毅然とした表情に戻っている。

「でも、この事は内緒にしといてくださいね」

と彼女俺の下のパジャマを履かせると病室を出ていった。