病院のトイレで

閲覧数:255 ビュー 文字数:588 いいね数:0 0件

中学の時に入院してた時、点滴しながらトイレ(大)の方に1人で出掛けたら、チューブから血液が逆流((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

パニックになった俺はトイレの呼び出しボタンを押した。

すぐに看護婦さんが駆けつけて処置してくれた。

すると看護婦さんは点滴を持ったまま一緒に個室に入って来るじゃないですか!

「え?」

っと困っていると

「持ってるから大丈夫よ。慣れてるから気にしなくていいよ・・・」

本当にもう出そうだったから仕方なく洋式の便器に座った。

早く出してしまおうと俺はがんばった。

最初は壁の方を向いていた看護婦さんだがいつのまにかこっち向いてて、俺と向かい合わせ・・・・。

思春期ゆえか、あの頃の俺はウンコをするとなぜかいつも勃起していた。

その時も勝手に勃起してしまった。

勃起と自分の悪臭で死にたいぐらい恥ずかしい。

すると看護婦さんが

「○○君はお尻の方も敏感なんだ・・・・」

と言われたが意味がわからず無視してがんばった。

終わった後

「(勃起してるから)パンツ履きにくくない?」

「・・・いえ、大丈夫です。」

この頃はオナニーも知らなかったからなぁ。

(知ってたけど、やってなかった)

今思い出すと興奮する・・・・・。