看護婦さんが剃りながら

閲覧数:68 ビュー 文字数:598 いいね数:0 0件

中学のとき、盲腸の手術で入院しました。

そのときの体験を話します。

手術前、たいして生えてもないしたの毛を、看護婦さん(今のいいかたなら、女性の看護師さんかな?!)が剃りにきてくれました。

俺は個室が空いていたので、個室にしてもらっていたのですが、それでも知らないに女性にあそこを見られ、さらに毛まで剃られるのがいやでいやで仕方がありませんでした。

子供の馬鹿な、浅はかな考えで勃起したら剃られないだろうと考え、友達がこっそり持ってきてくれたエロ本でびんびんにしておきました。

運がいいのか、悪いのか、かなり綺麗な看護婦さんで、急に勃起させたことを後悔しながら、必死の抵抗もむなしく、あっさりとズボンと下着を脱がされました。

看護婦さんは俺の勃起したあれを見て

「だから、嫌がってたのね」

といい、俺のあれを無造作に握りこすり始めました。

「内緒だよ。特別に抜いてあげる」

そういうと、激しくこすり始めました。

けど、さっきエロ本で一回抜いていたので、なかなか抜けませんでした。

それでいらだったのか、

「こうなったら」

といって口でし始めました。

「胸だったらさわってもいいよ」

といってくれたのでかなり、もみました。

そして、そのまま口の中で出し、看護婦さんはそれをティッシュに捨てました。