ナースのテクニック

閲覧数:37 ビュー 文字数:838 いいね数:0 0件

太股を怪我して短期入院してた。

2日目に配膳のお姉さんにお吸い物を豪快に股間にこぼされた。

熱くはなかったので助かったが、ナースさんたちとお姉さんが大慌てで処理してくれた。

傷口近いからね。

動けない私は、脱がされ、剥かれ、そのへんのタオルで拭かれ、濡れティッシュで拭かれ、暖かいタオルで拭かれ、消毒液ガーゼで拭かれと玉から棒から触りまくられ、最初は気を散らす事に集中していたが、途中で放棄。

だって4~6本の女性の手が股間で優しく文字通り手を変え動き回ってるんだぜ。

(運がいいのか悪いのか、みなさん、冷静に見ても普通以上にかわいい人ばかりだった)

もう勃起しっぱ。

濡れティッシュあたりではカウパー出まくり、タオルあたりでは本当に出ちゃうんじゃないかと思うぐらい追い詰められた。

「ごめんねごめんね」

お姉さんは本当に申し訳なさそうに謝りながらフキフキ。

ナースさんは

「(勃起は)大丈夫?」

と心配してくれるんだが、必死に我慢している所に勃起持たれてナース服で言われても、風俗店のプレイにしか思えない(笑)。

でもイキそうになると傷口痛いんだ(;;)

人生最大の拷問だったよ。

4日目あたりで痛みが引いた所で、もう我慢できず、自分でしようと決心したら、ナースさんが

「自分でした?」

と聞いてきたので、正直に

「これからしようと思ってる」

と答えたら、

「してあげるよ」

と速効でカーテン閉められ、ふんどし解かれた時点で心臓が爆発しそうにドキドキして、なにも言えず、固まって動けず、ベビーローション塗られて生涯最速で瞬殺された。

別に童貞野郎でもなんでもないんだが、ぬるっと来た瞬間に本当に爆発した。

いやこれはどうしたんだ?っていう位大量に出たよ。

ドクドク出ている間も、優しく扱かれて、最後は玉が裏返るかと思ったよ。