30前半位の看護婦さん

閲覧数:96 ビュー 文字数:2332 いいね数:1 0件

中学の頃、柔道の昇段審査で腕を骨折。

肘の骨だったんだけど要手術って事で入院。

んで、そこの病院、大部屋が満床だったらしく個室に入れられた。

差額分は病院持ちだったらしい。

んで、手術の時とかは特においしい事はなかったんだけど、手術後、多分2~3日後だったと思うんだけど、夜中、何かの拍子に起きたら、窓の所に白いモヤが見えて

「ひゃあうっ」

的な声で叫んだのさ。

そしたら

「あ~ごめん、ごめん」

って言われて良く見ると、看護師さんだった。

何か、空気の入れ替えで窓を開けに来たらしい。

その看護師さんは若いわけでも無い(30前半位、当時の俺の認識ではおばちゃん)顔も普通。

しかも、ビビった後だからエロい気分なぞ微塵もない。

違う意味でドキドキしてたら、

「起こしてごめんなさいね」

って言って、窓を閉めて出ていった。

俺も落ち着いてもう一回寝ようとしたら、小便に行きたくなって、トイレにペタペタ歩いて行った。

夜中の病院は恐いし、さっきの事でさらに恐怖心が増している状態。

そこに大部屋から白い物体、凍り付いた。

で、さっきの看護師さん。

「何をしてるの?」

と聞かれて

「トイレに行くとこです」

と答えたら

「一緒に行ってあげる」

と言われた。

恥ずかしかったが、恐怖心があったために付いてきてもらう事にしてトイレへ。

トイレで用をしてたら、後ろに看護師さんが来て

「終わった?」

おいおい、なんで中に入って俺の背後に立ってんだよ、なんて思う前に恥ずかしいのが先に立ち、急いでしまいこんで出ようとしたら

「さっき驚かしてごめんね~、お詫びにちょっとおいで」

と言われ、トイレの個室に引っ張りこまれた。

俺は突然の事にびっくりして何が何だか解らんかった。

そんな俺の目の前で看護師さんはナース服の前を開けてブラジャーが丸見え状態。

さすがに目の前でそんな状況が展開されれば興奮する。

看護師さんはさらに

「触ってみる?」

と言いながら俺の手を胸に押しつけた。

柔らかいのは解るが、ブラジャー越しなのでイマイチ。

でも興奮している俺は夢中で胸を揉んでいた。

すると、

「ちょっと待ってね」

と言って、後ろを向き、器用にブラを取りはじめ、ブラをタンクの上に置いて振り向いた。

初めて見る生のおっぱい。

興奮は頂点に達して、おっぱいを揉むだけじゃなく舐めたり吸ったりしてた。

看護師さんも

「コラ」

とか

「ダメ」

とか言ってた気がするけど覚えてない。

我慢できなくなった俺は、スカートの部分?に手を入れようとしたが、

「さすがにそれはダメ」

と手を掴まれて止められた。

一瞬我に帰って

「ゴメンなさい」

と言ったら、アソコを触られて

「ま、しょうがないか、若いもんね」

と言われた。

すると看護師さんが屈んで俺のパンツを下げた。

一瞬腰が引けたが、エロビやエロ本でこの後何をされるかくらいわかっていた。

甘かった、本物の快感がここまでとは。

なかなか口には入れず舌で舐め尽くされた。

それでもかなりの快感だったのに、口に含まれた瞬間に立っていられなくなった。

「あら、ん~、アッチに行こうか」

と言われて、障害者用?みたいな広い個室に移り、便器に座らされて行為の続きをされた。

丁寧に口の中で舐められ、強くもなく、弱くもない絶妙な強さで口を上下させて俺のアソコをしごく。

今だから解るが若くない、だからこそあんなに上手かったんだと思う。

こんなの反則じゃね?

などと思ったかどうかなんてどうでもよく、イキそうになった俺は

「い、イキそうです」

と言った。

さすがに口の中に出したらヤバイだろうと思ったからだ。

でも、看護師さんは口を離さず、

「ん~、んん」

と頷くだけ。

俺は一瞬パニくった。

やべぇよ、出るって!離してくれよ!と。

だが我慢の限界が近づくと、

いいのかな?出して良いのかな?離さないしいいんだろな

と自分を納得させて、思いっきり口の中に出してしまった。

いつもより射精が長く感じた。

目の前にはナース服から胸を出し、俺の息子をくわえてる看護師。

頭がぼーっとしていた。

口を離す直前に強く吸われその快感が頭に響く。

横のトイレットペーパーをカラカラ回して紙を取り、口の中のものを拭き取ると、

「結構出たね~」

俺は訳も解らず

「スイマセン」

と謝った。

「今日は特別だから、他の人には言わないでね」

と言われた。

その後、女性経験を聞かれて、無いことを答えたら

「見てみたい?」

と、さっきはダメだと言われたスカートの中を見せてくれた。

もちろんパンツの中も。

「ちょっと臭うかも」

と言ったが、俺にとってはいい匂いだった。

その後、触らせてくれたり舐めさせてくれた。

退院するまで2週間ほどかかったんだが、その間に2回ほど同じ事をしてくれた。

ただしsexは無かった。

それでもあんないい思いをさせてくれた看護師さん、今でもたまに思い出します。