包茎手術で射精

閲覧数:92 ビュー 文字数:1922 いいね数:0 0件

包茎手術で射精した話するわ。

高校2年生の頃真性包茎だった俺は自宅のトイレで無理やりチンコを向いていた。

頑張って向けたのだが、カリの下あたりでチンコが締まってしまい、皮が戻せなくなってしまった。

その状態ではなんともなかったのだが、オナニーを試みたところ、カリの下がギューっとしまり戻らなくなってしまった。

その夜は鬱血している痛みで眠れず朝一で病院にいくことになった。

母親に鬱血しているチンコをみせるのは恥かしかったが、それどころではなかった。

下半身露出した状態で診察台に寝かされ、俺は男の先生にチンコを真上からギューって押され、元の真性包茎に戻された。

そして

「この場合保険がきくから手術しようよ」

ってことになり、手術をすることになった。

その日はたまたま手術のスケジュールがあいていたので、すぐに手術をすることになった。

手術は手術室で手術着を着た状態で台に乗り、上から吊るしたフックのようなもので下半身のところだけめくり、手術するといったもの。

効き目の短い麻酔とやらは痛かったが、麻酔を打ったあとは痛みも感じず、楽なものだった。

麻酔が術後10分くらいで切れだしたので、傷口のガーゼのこすれる痛みや縫った箇所のものすごい痒みで股をごそごそしていたら激痛が走った。

チンコをみるとガーゼがずれて、グチャグチャになっていた。

先生にそのことを言うと

「じゃあもう一回軟膏塗ってやりなおしだねー」

といわれ、カーテンで四方を仕切られた診察台のところで横になるように言われ横になった。

カーテンで仕切られた診察台に寝ると先生が

「○○さーん軟膏塗ってガーゼ当てなおしてあげてー」

と看護婦さんをよんだ。

先生に呼ばれるとすぐに看護婦さんがやってきて、俺が寝ている診察台のカーテンを開けた。

やってきたのは30後半くらいの綺麗で優しそうな女性の看護婦さん。

女優の堀内敬子に似ていた。

「ではまた軟膏を塗ってガーゼを当てていきますねー」

といいながら、医療用のうすい手袋をはめた看護婦さんは軟膏を手にとった。

手に取った軟膏を指ですくい、俺の亀頭と幹にちょんちょんと載せると、手に残った軟膏を医療用手袋がテカテカになるくらいすり合わせ俺のチンコを塗り始めた。

最初は載せた軟膏をひとさし指で塗り広げた。

亀頭は横に幹は傷口に気を使いながら、テカテカになった医療用手袋がとてもいやらしかったのを憶えてる。

一通り塗り広げると看護婦さんは手で包み込むように満遍なく塗りこんでいった。

俺のチンコはというと本能のせいなのか状況のせいなのか、手術後にも関わらずバキバキそそり立っていた。

麻酔も切れ初めて外の空気に触れる俺のチンコは感度良好。

しかし術後なので勃起すればするほど縫合した傷口が引っ張られて痛い痛い。

だがチンコはそそりたち快感がガンガン伝わり、前立腺の辺りがドクドクと答えていた。

俺は強烈な痛みと快感で何がなんだかわからなくなっていた。

チンコの切り開いた皮やそそり立ったチンコの隅々に軟膏を塗る看護婦さん。

顔は慣れているのかちょっと含み笑いをしていた。

その間にも絶え間なく押し寄せてくるとてつもない快感と痛み。

俺はこれがラッキーなのかアンラッキーなのかを一生懸命頭で考えることで気をそらしチンコをしずめようとしていた。

しかしチンコは静まることはなくギンギンにそそり立ち、手が動くたびにビクビクと動いてた。

そして看護婦さんがカリから下に指を動かし、根っこあたりを抑えるような感じで塗った瞬間、前立腺の辺りがドクドクドクっと動き、俺のチンポ先っちょからドクドクッと飛び出してきた。

飛び出してきた大量の分身で俺のチン毛は汚れ、看護婦さんの手袋も少しかかってしまった。

しかし看護婦さんはクスッと笑い

「若いけん、こがんなりますもんね~」

といいながら、手袋を替えアルコールをじっくり湿らせた布で掃除して普通に対処してくれた。

俺は放心状態で頭が真っ白だった。

その日はそれで終わり、しばらく通院ということを言われ帰った。

そのあとも通院の度に看護婦さんにはお世話になり、一ヵ月後無事治療が終わった。

こんな体験をしてしまったものだから術後2週間のオナニー禁止は拷問だったなw。

遅くなってしまったけどこれで終わりです。