ナースのトイレ

閲覧数:144 ビュー 文字数:1351 いいね数:0 0件

以前俺が入院した総合病院は、入院病棟だけかどうかは不明だが、男女共用トイレ。

和式個室が1つで扉が無くカーテンを閉めるだけ。

カーテンにお尻を向ける一段高い和式便器。

一応、札を裏返して、「空き」を「使用中」に代える。

カーテンに鍵は無い。

開けようと思えば開けれる。

これを利用しない訳が無い。

昼間は病棟内も人の往来が適当にあるので、何もしない。

夜になると見舞い客も患者も寝静まる。

そこで、俺はこっそり死角に隠れてトイレの様子をうかがう。

すると、静まり返った廊下を、美人ナースがトイレへ向かう。

すかさず、後を追ってトイレへ向かう。

ナースはカーテンの向こうで白衣を捲り上げ、パンツをずり下げる音が聞こえる。

そして、便器にまたがる気配が。

俺はカーテンのすぐ前に陣取る。

ナースは俺の気配に全く気付いていない。

安心して用を足そうとしている。

俺はドキドキしながらその時を待つ。

すると、次の瞬間、

「ジャーッ!」

という放尿音が鳴り響いた。

よしっ、今だと俺はカーテンに手をかけて静かに開けた。

すばらしい光景が目前に。

白くて丸いお尻を丸出しにしておしっこしている美人ナース。

カーテンが開いた事に気付かないみたい。

少しずつ開けていきやがて全開状態に。

俺はしゃがみこみ、ナースのお尻を下から覗き込んだ。

アナルも毛もあそこまで丸見え。

おしっこは本線とは別にお尻側へ支線が垂れていた。

おしっこが終わるとペーパーを巻き取り始めたので、静かにカーテンを閉めて病室に戻りオナマシーンと化す。

これなら、ここで働くナースを全員見れるのではないかと思った。

それから毎晩、夜が楽しみに。

そして、ある夜、今度は22歳のスタイル抜群のナースがトイレに向かった。

すかさず俺も続く。

カーテンの前に行くと、札が「空き」のままだった。

たぶん、誰もいないので裏返さなかったのか、または疲れててつい忘れてしまったのか。

これはチャンス。

「いないと思った」

と言って堂々とカーテンを全開にできる。

ドキドキ。

やがて衣擦れの音が止み、滝のような放尿音が

「ショバーッ!」

と響いた瞬間、俺はカーテンを握り締めて、一気に全開にした。

すると、スタイル抜群のナースはお尻丸出しでおしっこしていたが、カーテンが開いた瞬間、びくっとしたが、振り返って僕だとわかると、冷静に

「びっくりした!すぐ終わるから、カーテン閉めて待っててね」

と言って、また前を向いて放尿続行した。

僕はカーテンを閉めずにいると、そのまま放尿を終えてペーパーで拭いて立ち上がった時、お尻全体が見えた。

すると、また振り返って

「カーテン閉めてなかったの?やだーずっと見てたの?」

と少し怒った口調になった。

僕は謝ってカーテンを閉めたら、すぐに出てきた。

そのまま何食わぬ顔でトイレを出て行った。

またまた勃起しまくり。