ナースの妻NTR

閲覧数:473 ビュー 文字数:1979 いいね数:0 0件

数年前のことですが、実は私の妻も看護婦でまだ結婚前の付き合っているころからエッチな患者がいる等々、聞かされているうちに、いろいろなイメージを膨らませ、だんだんと本当にエッチに協力するよう指示するようになってしまいました。

そこは個人の整形外科病院のため看護婦は少なく、特に夜勤のときは一人だけとなるため、よほどのことがないかぎりほぼ何をやっても問題はないとの事だったため、まずてはじめは、患者の体を拭くときにベッドに片ひざをつきパンチラ等で挑発することからはじめ、タッチ・手コキ・フェラまではOKと要請し、そのときの様子を根掘り葉掘り聞き非常に興奮し、その夜はどんな感じでしたのかを実際に検証しつつ嫉妬心と欲望のはざ間で激しいSEXを行っていました。

がしかし、要求も次第にエスカレートしてしまい、私が

「フェラの時に患者にタッチさせてみれば」

と言ったところ

「それは多少抵抗がある」

との返事でした。

しかし

「好みの子がいれば多少積極的にしてみる」

との返事だったためこの際と思い

「状況によってはエッチもしてあげて」

と頼んでみたところ一応考えてみるとの事。

それからは毎日毎日、まだかまだかと確認し、そのたびに興奮してシミュレーションを行っていました。

が、中々その日は訪れず2、3ヶ月たったある日、サッカーで足の複雑骨折をした大学生で背も高く非常にハンサムな子の担当になったと聞かされ、

「このチャンスを生かさない手はない」

とけしかけましたが、結構重症のため下手に動かせないとのこと。

多少がっかりしましたが、手術が終わり抜糸が終わった後、石膏で固めるため

「1日だけお風呂に入れるかもしれないが、その場合介助必要」

との事。

それからまたシミュレーションをはじめ、いろいろ考えた末、入浴時にあるタイミングでシャワーのお湯が全身にかかってしまいナース服がびしょぬれ状態となる状況を作り出し、もちろんそのときは白の下着のみでスリップはなしという計画を立て、さらには「中出し」をさせるためピルを飲みながらその日を待つことにしました。

予定通りその日がやってきて、介助用のエプロンの下に着替えの白衣を隠し持ちつつドキドキした気持ちでお風呂についてゆき、体を洗う手伝いのため裸になってもらった瞬間、その子のあまりのオチンチンの大きさに驚き正直不安になったそうです。

(その時が初対面との事)しかし事は順調に進み、いすに座らせ頭、体を洗い石鹸を洗い流す際に手が滑ったふりをし自分の白衣へ目いっぱいシャワーをかけてびしょぬれ。

もちろん薄地の服のため完全にスケスケ状態となってしまい、最初はあっけにとられていたその大学生もその状態に気づき一気に勃起してしまったそうです。

その後お互い、多少恥ずかしがりながらも

「そんなに濡れたのなら一緒に入りませんか。」

の提案を一応恥らいながら

「内緒よ・・・」

と言いつつ裸になり浴槽に入ったそうです。

もちろんその後は案の定・・・・。

あまりに大きくオマンコが裂けるかと思うほどで最初中々は入らなくて石鹸をつけて入れたそうです。

その後・白衣を着てほしいとの要求があり、濡れた白衣を着てあげたところ、大興奮して浴槽で2回、浴室で1回の3回も突きまくられ、妻も恐ろしいほどの圧迫感で今までで最高に気持ち良かったそうです。

もちろんすべて中出しのためオマンコをドロドロで精子はナプキンで押さえ家へ帰ってきました。

その光景を想像しつつ精子を確認し嫉妬心と膣壁を3回もデカマラで削りとられた悔しさでその夜はもえまくりました。

(自分は普通サイズ?やはりオマンコは完全にゆるくなっていました。)

その後もその大学生が退院するまでの間、昼よる関係なく(約3週間)妻の意思ですべて希望を叶えてあげたそうです。

(本人曰く50回以上はしたんじゃないかな~。くやしい反面楽しかった様な複雑・・・。)

その後も数回は妻の意思でエッチまでしてあげた患者がいるんですが(7~8人)、多くても3回ぐらいまでであの大学生のように大きいのはいなかったそうです。

私が転勤のためその後数ヶ所妻も病院を替わりましたが、エッチのできる条件のそろった病院がないため残念ながらチャンスはないそうです。

ただ今でもその大学生との事は最高だったといって私を挑発します。

(ちなみに、計測では長さ約24cm、直径約7cmだったそうです。)

非難ごうごうだと思いますが、またチャンスがあればやってほしいといってあります。

当作品は、個人による創作(フィクション)作品とご理解の上鑑賞ください。当作品には、犯罪的・倫理モラルに反する表現・タブー表現等が含まれますが、表現上の誇張としてご理解ください。