入院生活(上)

閲覧数:605 ビュー 文字数:3375 いいね数:0 0件

とある会社で、他の部門を1日だけ手伝う事になり、不馴れな事をやってる時、頭がズーンと重くなり、、、ふと目を開けるとそこは救急車の中。

点滴の管が腕につけてあり、猛烈に右足の甲あたりが痛い。

(どうやら熱中症で倒れ、倒れた事に気ずかず通りかかった台車にあしを踏まれ骨折したようだ)

病院にて、寝かせられた状態で問診中先生に話かける見覚えのある看護婦の顔が・・・高校の一つ後輩の貴子である。

その貴子が少しキツいけどガンバレ。

とうながされながら、体温を計る為あお向けにお尻を突出すように寝かせられスルスルとズボンとパンツを下ろされ、俺の肛門へ冷たいジェルを塗りつけ、体温計をズブリとさしてきた。

「痛くない?大丈夫?」

と貴子は俺に声をかけながら、熱中症で少し痙攣する俺のお尻と足をキャシャな腕で支えている。

頭はモウロウとしていたがスゴク恥ずかしかった。

そしてエロイ入院生活が始まる。

熱中症が一段落して、足は手術する事となり、病室まで横になったまま移動中に貴子が

「久し振りですね、私が担当になったからヨロシクね」

と話かけてきた。

その貴子だが…高校で、スゲー綺麗なやつおるって、学校内でウワサになったほど本当に美人である。

足をボルトで固定するという手術も終わり、貴子が夜勤の日などは携帯メールで愚痴など聞いたりする仲になった(看護学校に通いながら病院に務めていたようです)。

無事退院したら彼氏いない友達の看護学生を紹介するねと言う話をし、一時退院の日がきた。

久し振りにアパートへかえり、夕方干した布団を取り込んでいる時、貴子から電話が。

寮のお風呂が壊れたらしくお風呂を貸して欲しい。

8時位に家にくると言う事になった。

貴子は約束の時間より少し早くやってきた。

お風呂の掃除をしてくれて、お湯を貯めている間に、こないだ紹介するといってた娘の話になり、明日会うようにセッティングしてくれ貴子は風呂へ。

その間その娘と電話で明日の計画をたてていた。

ちょうど電話を切ろうかとした頃、貴子はお風呂から上がってきた。

オレは携帯を片手に

「冷蔵庫のやつ何でも勝手に飲んでね~」

といった。

するとビールを両手にもちニコニコしながらやってきて、一緒に少しだけ飲む事に。

と言いつつ長くなり、眠くなってきたからオレもう寝ると切り出すと、貴子も動きたくなくなったのか、

「変な事しないでね」

と言いながら俺の布団に入ってきた。

今日干したばかりのかわいた香りの布団のなかに、女と石鹸の香りが広がり、段々我慢出来なくなってきた、、

オレは貴子の腰のあたりから胸の方へ手を滑らせた。

服の上から胸を触るとチクビがツンと当たりブラをしていない事にさらに興奮したパジャマを剥ぎ取るように脱がした。

ややこぶりだが張りがあり形よくピンクのチクビが少し上を向いたオッパイがあらわに。

すると

「モー」

と笑っている。

拒む様子も無かった。

そのまま深いキスをし、胸にむしゃぶりついた。

また深いキスをしながら、パジャマのズボンの中へ手を滑らせると、パンツも着けておらずさらに興奮。

パジャマを全て脱がし手を割れ目の方へ滑らせた。

すでにビチョビチョだった。

尻の方までは無かったが、未処理で豊富な陰毛もあらわに。

(綺麗な顔とやや細目の体からは想像付かないほどの量の陰毛でした。)

そのギャップにまたスゴク興奮し、再び深いキスをしながら、手を割れ目の方へ滑らせ、パジャマのズボンを潜り下着を潜ろうとするも、何とパンツも着けていない。

パジャマのズボンの下には、綺麗な顔と細身の体からは想像しがたい、豊富で軟らかく未処理の陰毛が広がっていて、スゴク濡れていた。

そのギャップに異常に興奮した。

しばらく愛撫すると、

「足痛いでしょ?」

と言いながら寝転がされ、貴子はオレの上へ乗り激しく、腰をふっている。

「もう行きそう」

と貴子の腰を軽く叩くと更に激しく腰を振られた、

「もう出る」

と貴子のお尻を両手で持ち上げた……

「ゴメン少し中で出たかも」

アソコを拭こうとすると貴子のアソコからダラ~っと大量の白いものが……オレは素早く拭きとった。

二人ともそのまま眠ってしまい朝を迎え、かなりの早朝に、貴子は

「行ってきま~す、またね」

と言い残しノーパンノーブラのパジャマ姿で寮へ帰って行った…(寮からアパートまでは歩きで五分チョットです)

…それからその日の夜にまさかと思っていたが貴子の友だちともうまく行ってしまい。

おいしく頂きました。

そして足に入れたボルトを取るのとリハビりの為再入院。

手術が無事終わり、4~5日後・貴子の夜勤の夜である、、

病棟の各フロアに夜勤の看護士が2人いて、消灯の時間2人で各病室の見回りにやってきた。

「術後の痛みはど?うん。それと…ちゃんと寝なさい!」

と言ってカーテンを閉めた。

オレは夜中まで眠れず、テレビをみていた、すると貴子からメールだ。

「まだ起きてる?こないだミキと会った?可愛かったっしょ!どうなった?」

(※ミキは先週一時退院した時、紹介してくれた娘です)

再入院する前に、貴子と入院嫌だ、とか明日からまた入院さ。

など片言なメールはしていたが、ミキの事に踏み込んだメールは初である…

何もミキと話てないのかな!?

と思いつつトリマ、

「メールしてるよ!」

と返信した。

しばらく返信無かったのでぼーっとTVを見てると、貴子が深夜の見回りにやってきた。

小声で

「まだ起きてんの」(笑)

とカーテンの中まで入ってきた。

オレは

「眠くない」

と笑いながら、貴子のお尻をベットに手繰りよせようとすると、小声で

「したくなったらどすんのよ」

と拒まれた。

ヤッパ無理か…とおもい諦め

「お腹すいた」

と言うと、

「カップメンならあるよ!見回り終わったら、(先輩)看護士さん仮眠の時間だからおいで」

と言い出て行った。

しばらくして、

「お茶買って来て!」

っとメールがきた。

片手に松葉杖で、そっと自販機へ、、飲み物をポケットに押し込み、ナースステーションへ行くと貴子は、あっちあっち!と二つ向かい隣りの食道を指差している。

オレは食道の隅にある長椅子に座った。

するとカップメンを片手に貴子がオレの隣りに

「電気つけたら駄目よ」

と言い座った。

貴子にお茶を手渡し、少し談笑していると、貴子は

「私こないだ乗ったよね(オレの上に)」

うん、と笑いながら答ると、貴子は

「こいつが悪い」

とチンコを軽くはたいた。

そこで

「オマエもオレの尻に体温計ブチコンダじゃん」

と、いきなり貴子のナース服のスカートの中へ手をお返し。

そのまま少しスカートをまくり、パンツと内ももの間から指を入れ、クリトリスを撫でた。

「今日はパンツちゃんとはいてるやん」

とクリトリスをさらに愛撫…

すると声を押し殺しながら

「イジワル」

ここまで来るともう止まらない。

ナースステーションら漏れる光しかない、薄暗い部屋の壁に両手をつかせ、後からスカートをまくしあげアソコの部分だけパンツを横にずらし、(足が痛かったが)後からゆっくり突いた。

声・音をたてぬようスローSeX・足の痛みと快楽で変になりそうだったが…スゴク興奮して5分ほどで終了。

カップメンは食べる事なく、アソコを拭いてあげて軽くチュッとして病室へ戻った。