わざわざオナ禁してから病院に行く猛者

閲覧数:104 ビュー 文字数:1423 いいね数:0 0件

今日足の付け根が痛く病院に行ったらパンツ脱ぐ事になった。

股間にはタオルを掛けられたが女医と看護婦の目が気になりタオルがテント状態になってきた。

体勢を変えるとタオルがズレ披露してしまった。

何度かタオルをかけ直されるが再び登場しだし、面倒になったのかタオルをかけ直すことをやめちゃった。

看護婦が薬を塗るとき片手でタオル越しに勃起したチンコを握りヌルヌルとした薬を足の付け根に塗っていた。

1週間オナ禁して臨んだ。

さすがに全剃りにはしなかったがパンツ脱いで丸出し状態では最初緊張のあまり勃たなかったが、女医がアソコを見つめるとムクムク勃起してきた。

前のようにタオルはかけらず、とっとと顔めがけ放出してやろうと気合いいれた。

興奮も最高潮に達し、いざ放出の瞬間、女医がデスクのパソコンに向きを変え、虚しくザーメンが宙を舞った。

背後にいたナースは

「あっ!」

と声をあげ、その声に女医はオレのチンコをみて何も言わずガーゼで拭き取った。

完全にタイミングを誤ったのが悔やまれチンコが虚しく縮こまって終了。

女医に診察してもらった後、

「看護師さんに薬塗ってもらいますからこのまま(ベッドの上で)待っててくださいね。」

って言われて、その間軽い気持ちでシコってたんだけど、5分ぐらいかな?全然来なかったから射精感がこみ上げてきたんだよね。

そのタイミングで看護師が入ってきて、(シコってるところは見られてない)薬塗られるって瞬間にドバドバ出してしまった。

看護師は呆然とした様子でそれを見届けてから、速攻出て行ってカーテンの中に手入れて、無言でボックスティッシュだけ手渡してきた。

そのあと再び女医から説明があって

「一週間後来るように。」

って言われてたんだけど、会計するときに女医と看護師がヒソヒソ喋ってるのが聞こえて来て、クスクス笑ってたんだよね。

で、一週間後行って保険証と診察券出して10分ぐらい待ってたら、唐突に受付の人に系列の男性医師のいる皮膚科を勧められた。

5年後にその女医が俺の地元で独立開業してたから、また行ったんだけど、全然顔覚えられてなかったからまた見せた。

で、何回か股間ばっか見せに通ってたらまたやんわり出禁になった。

(男性医師のいる曜日に来いと)

女医であろうと皮膚科なら男性の陰部なんて見慣れてるもんってイメージあったけど、案外そうでもないのかも。

特に美容皮膚科併設みたいなとこだと。

そりゃそんなとこに野郎が股間の病気で普通来ないよな。

今日再診してきた案の定フル勃起してしまい女医と目が合った。

すると女医が

「我慢できなかったらこのガーゼに出して下さい」

と言われそっとチンコにガーゼを当ててきた。

微妙に振動がチンコに伝わり我慢出来なくなって放出。

じんわりガーゼが濡れてくるのを女医にシッカリみられた。

その後新しいガーゼで根元まで拭かれ終了。

今度こそ顔めがけ放出してやろうと意気込んでいたのがバレたのか、ガーゼでチンコ押さえられ失敗。

帰りぎわ前回とは違うオバさんナースに

「毎回でちゃって若いから仕方がないわよねー」

なんて言われた。

完全に噂になっている。

エッチな病院体験談投稿募集中

当サイトでは本当に起きた病院内でのエッチ体験談集を募集しています。医者や女医、看護婦さんと病院内でセックス、性欲が強い看護婦さんとの実話体験談をお寄せ下さい!
投稿する