患者さんの陰毛を剃ってたら…

閲覧数:451 ビュー 文字数:738 いいね数:0 0件

まだ実習生の私にとって技術を習得するのに精一杯の時でした。

その1つ1つの技術を上手に行えるようにとだけしか頭にはありません。

ドキドキしながらさあ、剃毛開始です。

Yさんに横になってもらい、脱いだ下半身をバスタオルで隠しお腹から剃りはじめます。

お腹を剃り始めて3分。

下半身のバスタオルはすでに取られています。

しかし、剃る事に真剣で勉強不足な私はYさんが大変なことになっているなんて知るよしもありません。

しかも3分という時間で。

「うぅぅ・・・・でちゃいますっっ。」<Yさん

Yさんのお腹に顔を近づけて剃っている私。

「ピュ~~~~~~~~~~ッ」

「!!!???」

何か、白いモノが私の目の前ギリギリに飛んでいきました。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」<Yさん

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」<私

魔の空白時間。

どうする?!

なんて声かけたらいい??

私はとっさにYさんのお腹に溜まったものをティッシュで拭いてあげました。

ここで気の効いたベテラン看護婦さんなら

「よくあることですよ。大丈夫、人間男性の生理です。これをしなければ手術できませんからね。恥ずかしいのも今のうちです。気にしないでくださいね。(余裕のニッコリ)」

ぐらいの声がかけられるのでしょうが・・・・・・・私にはそんな余裕ありませんでした(涙)

「あ、あの・・・・すいません。少しお待ち下さい。すいませんっっっ。」

逃走~!

耐えられなくなり指導者さんにバトンタッチしてもらいました。