先輩と同期の看護婦さんに

閲覧数:31 ビュー 文字数:592 いいね数:0 0件

大3の時、中型バイクでコーナー曲がれずこけてガードレールに激突。

運良く対向車も無く、骨折のみですんだ時、運ばれた救急病院にたまたま厨房の時の部活の先輩がいた。

たまたま担当の看護婦が先輩と同期の女性で、先輩が紹介してくれて何かとよくしてくれた。

色々話をしたり、お風呂にも入れてくれたり、世話をしてくれると親しみも感じるし、段々、愛情に変わっていった。

院内恋愛に1ヶ月かからなかった。

それから最初相部屋だったのが一ヶ月たった日に個室に代わった。

俺は言われるまま部屋を移り、その日から、周りを気にすることなく時間をすごすことができた。

そんなある日、いつものように下着を変えてくれようとした時、息子が、ピンコ立ち。

それを見た、彼女が顔を赤くしていたが、

「ごめん、だって手がこんなんで、どうしようもないんだもん」

「もう、じゃぁ私がしてあげる。」

下着をずらし、勃起した息子を柔らかい手が包み込むように握り、ゆっくりと上下に動き始める。

俺は自由の利く手で、彼女を抱き寄せキスをした。

彼女の手の動きは止まらず、興奮したまま、舌を絡ませながらディープキス。

同時に勢い良く発射、垂れたザー汁が彼女の柔らかい手にべっとり。

「ごめん、ありがとう」

「うぅん、今度はちゃんとしようね」